Scropバリスタの具志銀汰朗が「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 2023」 (JBC)の準決勝に進出します!

Scropからお知らせです。先日開催されたコーヒーの競技会「ジャパン バリスタ チャンピオンシップ 2023」 (JBC)で、Scropの具志銀汰朗バリスタが競技会予選を見事勝ち抜き、準決勝進出の16名に残りました!

具志はScrop熊谷焙煎工場で焙煎士として勤務。その傍ら、バリスタとしても活躍しております。スペシャルティコーヒーの素晴らしさとバリスタとしてのこだわりを表現し、熱意を持って最高のコーヒーをプレゼンテーションいたします。

準決勝は9/27(水)・決勝は9/28(木)に東京ビッグサイトで開催される「SCAJ2023」のステージで行われます。優勝を目指して最後まで頑張ります。是非、応援のほどよろしくお願いします。

Scrop COFFEE ROASTERS 具志銀汰朗Gintaro Gushi

Scrop COFFEE ROASTERSの焙煎工場にて焙煎を担当しながら、バリスタをこなす二刀流。オーストラリアでのバリスタの経験も活かして、コーヒーの魅力やおいしいコーヒーを創り出しています。

一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会

「一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会」は、「スペシャルティコーヒー」に対する日本の消費者および世界のコーヒー生産者の認識を高め理解を深めます。その栽培からカップのコーヒーに至るまでの体系的知識や技術の普及、啓蒙を図り、消費増大を目指します。
一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会

ジャパン バリスタ チャンピオンシップ (JBC)について

JBCは、コーヒーの競技会として日本スペシャルティコーヒー協会主催にて開催されてきました。競技は「エスプレッソ」を通じた評価が基本となり、決められた制限時間の中で3種類のドリンクを提供いたします。まず「エスプレッソ」、そして「ミルクビバレッジ」、最後に「シグネチャービバレッジ」と呼ばれる創作ドリンクを提供し、味覚評価だけでなく、その過程を含めて提供するまでの全ての作業内容の適切性、正確性、一貫性などを評価します。

競技会のルールはバリスタ チャンピオンシップの世界大会である「World Barista Championship(WBC)」に則り決められており、JBCの優勝者は、WBCへ日本代表として参加しております。 過去2002年に開催されたWBC オスロ大会(ノルウェー)へ日本代表として送り出してから、2005年にはWBCシアトル大会(米国)での門脇選手の世界2位をはじめ2007年には、アジアで初めて開催されたWBC東京大会(日本)での宮前選手の世界第4位とベストカプチーノ賞の同時受賞など世界選手権において好成績を残しております。
ジャパン バリスタ チャンピオンシップ (JBC) 概要はこちら
SCAJバリスタ委員会のinstagramアカウントで予選の様子がご覧いただけます。

一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会

「一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会」は、「スペシャルティコーヒー」に対する日本の消費者および世界のコーヒー生産者の認識を高め理解を深めます。その栽培からカップのコーヒーに至るまでの体系的知識や技術の普及、啓蒙を図り、消費増大を目指します。
一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会

SCAJ2023について

SCAJ ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション 2022(SCAJ2022)は「コーヒーに特化したイベントとしてアジア最大の国際見本市」です。年に一度、世界中から、多様で高品質なコーヒー豆がSCAJに集まります。

会期:2023年9月27(水)~30(土) 10:00~17:00(最終日は16:00まで)
会場:東京ビッグサイト 西展示棟 3・4、南3ホール(東京都江東区有明3丁目11−1)‍※最終日は南3ホールのみ
主催:一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会
入場料:3日間共通 当日2,500円 事前登録 1,500円(税込)※招待券持参で無料

SCAJ2023についてはこちら
SCAJ2023来場事前登録は8月中旬~下旬より受付開始予定