マルハンダイニング

マルハンダイニング

ニュースリリース

お知らせ

2022.07.27

Scrop焙煎士の金井彰宏が『ジャパン ブリューワーズ カップ (JBrC) 2022』決勝大会 準優勝!

Scropからお知らせです。2022年7月26日(火)に行われた、コーヒーの競技会「ジャパン ブリューワーズカップ2022」(JBrC)決勝大会で、Scrop焙煎士の金井彰宏が初出場の中、準優勝の成績を残しました。応援していただいた皆様、大変ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

競技会予選60名の参加者の中から上位7名に残り、決勝大会で準優勝の結果を残せたことは私たちScropにとっても大きな一歩になりました。競技会の経験から得たコーヒーに関する技術や知識を活かして、これからも、Scropの美味しいコーヒーを皆様にお届けできるように、さらにこだわりと情熱を持って取り組んでまいります。

Scrop COFFEE ROASTERS 焙煎士 金井 彰宏Akihiro Kanai
Scrop COFFEE ROASTERS 焙煎士 金井 彰宏

焙煎工場にて焙煎を担当。
日々の状態管理を見極め、豆本来のポテンシャルを最大限発揮できるような焙煎レシピを組み立てています。

一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会
「一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会」は、「スペシャルティコーヒー」に対する日本の消費者および世界のコーヒー生産者の認識を高め理解を深めます。その栽培からカップのコーヒーに至るまでの体系的知識や技術の普及、啓蒙を図り、消費増大を目指します。
一般社団法人 日本スペシャルティコーヒー協会

ジャパン ブリューワーズ カップ (JBrC) について
「ジャパン ブリューワーズカップ」(JBrC)は、2014年新規に開催されることとなったコーヒー抽出の国内競技会です。
JBrCはペーパードリップ、ネルドリップ、フレンチプレス、エアロプレスなど機械的動力を伴わない手動の器具を競技者が自身で選択し抽出技術を競う競技会です。コーヒーの魅力をどのように引き出すか、技術や知識とともに、競技者の個性と創意工夫が問われます。競技会の決勝では「必修サービス」として競技者は公式の焙煎豆を使用、純粋に味覚のみが評価され、「オープンサービス」として競技者それぞれが焙煎豆を持ち寄り、その豆の魅力を抽出技術とプレゼンテーションによってアピールします。
ジャパン ブリューワーズ カップ (JBrC) 概要はこちら
ジャパン ブリューワーズ カップ (JBrC) 2022 決勝進出者

TOP